ドラムサウンドからピコピコ音まで、変幻自在な音を奏でるカスタム・エレキギター(動画あり)

130704guitarduino.JPG

単なるエフェクターでもギターシンセでもない、不思議な音色のヒミツとは?

コンピューターサイエンスの学士号を持ちながら名門バークリー音楽院で学び、現在はロックバンド「3's and Sevens」のギタリストとして活躍するIgor Stolarsky氏。彼は自分だけの音楽を作るために自らの使用する楽器、黒いレスポールを自己流にカスタマイズしました。コンピューターサイエンスの知識をふんだんに駆使して作られた「The Guitarduino」の奏でる摩訶不思議な音楽をまずはご覧ください...

ギターのピックアップ付近とネックの部分にタッチパッドのセンサーを配置し、MIDIに変換した信号をPCのMax/MSPに送信。演奏をしながらリアルタイムでMaxのエフェクトを操作することで、ドラム音からトリッキーなエフェクト音までギターでは絶対出せない音を奏でることができるってわけ。なんか演奏してる様子もとっても楽しそうで、本当に心から「音」を楽しんでいる感じですね~

演奏見てビビっときた方はぜひ彼のサイトで他の音源も聴いて見て下さい!

Igor Stolarsky via gizmag

(KITAHAMA Shinya)