パリの街にティラノサウルスが出現、しかもクロム製でピッカピカ

パリの街にティラノサウルスが出現、しかもクロム製でピッカピカ 1

骨だけなのになんという迫力!

ティラノサウルス、恐竜の中でも知名度と人気ナンバーワンと言っても過言ではありません。そのナンバーワン恐竜が、パリの街にフルサイズ骨組みで再現されています。

パリのセーヌ川に現れたティラノサウルスは、型どりされたクロム製のパーツ350個を組み合わせてできた長さ約6.5メートル(21フィート)高さ約3.6メートル(12フィート)の巨大オブジェ。ティラノサウルスの成体は、体長約11メートル~13メートルと言われていますが、頭がないこのオブジェは胴体だけのフルサイズ。

オブジェの詳しいことは知りませんが、アートプロジェクトの一環なのでしょうか? 詳細なんてどうでもよくなるくらいインパクトがありますけれど。だって、パリのセーヌ川にピッカピカの巨大恐竜の骨だもんねぇ。

パリの街にティラノサウルスが出現、しかもクロム製でピッカピカ 2

Philippe Pasqua via Designboom

そうこ(ERIC LIMER/米版