汗ダラダラの真夏日よりが続きます、もっとアツくなれる吹きガラス職人動画をどうぞ

暑いのを忘れてしまうアツい動画です。

ガラス吹きは、ガラスを溶解炉で溶かし、専用の棒に巻き取り息を吹き込んで作り上げていく技。その制作場面はそりゃもう暑いでしょうよ。ガラスを溶かすようなエリアがすぐそこですもの。暑くて暑くて、窓開けて薄着でアイス食べながら「あぢー」なんて言ってるレベルの暑さじゃありませんよ。

...なのになのになぜでしょうか、暑いのに暑いはずなのに見入ってしまいます。このガラスの美しさと職人の技で、暑さがアツさとなっているのです。職人の落ち着いた様子は、涼しげですらあります。

バート・ハーンストラ(Bert Haanstra)監督の「Glas」は、1958年にオスカー受賞の短編ドキュメンタリー作品です。

GlasThe Awesomer

そうこ(CASEY CHAN/ 米版