アップル、車のダッシュボードをリデザインする特許を取得

130711_appledash1.jpg

次はクルマが変わる?

アップルがまた新たな特許を取得しました。それは、車のダッシュボードの見え方、そして動き方を劇的に変える可能性のある技術です。

その特許は、ドライバーが車の運転中にダッシュボード上のテクノロジーを安全に操作できるようにするものです。タイトルは「自動車の操作とテレマティクス改善のための、プログラム可能な触覚タッチスクリーンディスプレイとマンマシンインターフェース」です。レーザーポインタでの入力からカメラを使ったドライバーの頭の動きのトラッキングまで利用して、自動車運転中のいろんな操作をなるべく安全にしつつ、多くの機能が使えるようにと考えられています。

特許名からうかがえる通り、この技術の中心になるのは触覚ディスプレイで、そこからいろんな車載機能が操作できます。これは、iPhoneのディスプレイが大きくなったもの、ではありません。ドライバーが視線を道路に向けたままでもいいように、ディスプレイに触って情報を読み取れるような仕掛けがあります。具体的には、スクリーン表面に凹凸を付けるという方法や、「リアルなノブ、スイッチ、スライダー」といったものが述べられています。

また、ダッシュボードの左右どちらからでも、中央の大きなディスプレイにリダイレクトできます。なので、自動車メーカーはどんな車体に対してもこのインターフェースをカスタマイズして搭載できます。特許の図面には、このデバイスを設置できる場所としてたくさんの位置を示していますが、下の11の位置が一番良さげですね。

130711_appledash2.jpg

アップルが車関連技術の特許を取るのは、それほど意外なことでもありません。アップルは他の企業と同様、いつだってクレイジーな特許を申請しては承認されつつ、必ずしもその特許の技術を製品化するとは限りませんでした。ただアップルは、これまでにも自動車関連技術へのアプローチは始めていて、今回のダッシュボードはその一環なのでしょう。たとえば先日は、iPhoneをリモコンとして使って、車を見つけたりカギを開けたり、エンジンをかけたりできる技術の特許を取得していました。それは、去年取得した特許の車のメディアセンターをハンドルから操作するためのワイヤレスリモコンに続くものでした。さらに先月、アップルはiOS in the Carを正式発表しています。それはSiriが車載コンピューターに統合されるというもので、車中でテキストメッセージを送ったり、ナビゲーションを使ったり、音楽をかけることが簡単にできるようになる、というものでした。

アップルが自動車メーカーのテリトリーに積極的に入ってきていることについて、自動車メーカー側がどう考えているのかはよくわかりません。ただ、自動車メーカー自前の車載コンピューターよりもサードパーティのダッシュボード設置型デバイスの方が使いやすく評価が高いのが現状です。アップルとしてはこの分野でさらにもう一歩進みたいと考えていることでしょう。

特許はただの特許であって、実際これが製品化されるかどうか、またはこれをネタに裁判になったりするかどうかはわかりません。また、今もしそんなデバイスが存在していたとしても、特許文書の中ではその最終形を見ることはできません。でも製品化が実現される時には、きっとキーノートでワクワクするような発表をしてくれるんでしょうね。

USPTOApple Insider

Adam Clark Estes(原文/miho)