太陽が燃え尽きる時は、こんな風に見えるかもしれません

太陽が燃え尽きる時は、こんな風に見えるかもしれません 1

いつかは燃え尽きてしまうから。

約10億年後、太陽はあまりに高温になり強い光を放ち過ぎて、地球上から水が消えると言われています。そもそも地球から水がなくなるような環境になったら人類は終わりです。ですが、もし、もしその時まだ人類が地球上に生きていて、太陽を見上げることができたら、その時は太陽はこの画像のように見えるようです。水素を使い果はたして真っ赤に燃える太陽はこんな様子になるようです。

燃え尽きる太陽みたいだと言われるこの画像の星は、もちろん太陽ではなく、カシオペア座の中に位置する惑星状星雲IC 289。惑星状星雲という名前の理由は、望遠鏡の精度がまだ低かった頃に観察した宇宙学者が、これはガスを帯びた惑星が星の周りを回っていると思ったからなんですって。実際は、このエリアは中心にある星が崩れた時にでた塵とイオン化気体によって曇っているだけなのですが。

Hubble Picture of the Week

そうこ(LILY HAY NEWMAN 米版