ゴッホの名画がひっそり動く(動画)

ハリポタの動く絵のように、ゴッホの名画が動き始めます。

「絵が動く」と聞いてアプリのAPART星月夜のようなダイナミックな動きを予想したのですが、全然違って、例えば蝋燭のともしびが微かに揺れたり、影が伸びたり、日が登ったり、人が歩いたり、煙が立ち昇ったり、波が揺れたり。

絵がもつ本来の世界を崩さない範囲で、そうっと、ひそやかな動きを加えています。音楽もそうっと。

なんというかこう、化けの皮を剥がすというんじゃなく、絵に引き込まれるような、ちょっと怖い感覚。あまりにも原作のまんまで居心地の悪さすら感じます。こういう絵の世界がどこかにあってそこに閉じ込められたら、どうする?

デジタルのエフェクトとテクスチャを加えたのはイタリア人アーティスト、ルカ・アニャーニ(Luca Agnani)さんです。

[登場作品13点]

1. Fishing Boats on the Beach at Saintes-Maries/サント-マリー海岸の漁船

2. The Langlois Bridge at Arles/アルルの跳ね橋

3. Farmhouse in Provence/プロヴァンスの農家

4. The White House at Night/夜の白い家

5. Still Life with a Plate of Onions/タマネギの皿のある静物

6. Evening The Watch (after Millet)/夜:ウォッチ、ミレーに拠る

7. View of Saintes-Maries/サンマリの風景

8. Bedroom/アルルのゴッホの寝室

9. Factories at Asnieres Seen/アニエールの工場

10. The White House at Night/夜の白い家

11. Restaurant/レストラン

12. First Steps (after Millet)/歩きはじめ、ミレーに拠る

13. Self-Portrait/自画像

[Luca Agnani via Laughing Squid]

satomi(CASEY CHAN/米版