ソニーとパナソニックが次世代光ディスク規格の共同開発で合意

ソニーとパナソニックが次世代光ディスク規格の共同開発で合意 1

ブルーレイの「次」を担う次世代規格の開発へ。

ソニーとパナソニックが業務用光ディスクの次世代規格を共同開発することで基本合意しました。両社は規格の仕様や開発項目などの協議を行い、2015年内を目処に1ディスクあたりの記録容量を300GB以上とする光ディスクの開発を目指すそうです。

今回の大容量光ディスクは映画や放送などの映像制作業界に加え、ビッグデータを扱うクラウドデータセンターなどでの活用を見越したもの。光ディスクは保存時に温度・湿度の変化の影響を受けにくく、防塵性及び耐水性などの対環境性にも優れているためコンテンツの長期保存に最適なんだとか。両社は「今後拡大が期待されるアーカイブ市場に対応するには、光ディスク1枚あたりの記録容量を上げることが必須」との考えで一致し、今回の共同開発が実現したそうです。

まずは業務用からですが、いずれ家庭用として普及するかもしれませんね。期待!

ソニー・プレスリリース via engadget

(KITAHAMA Shinya)