VIP、MIND、MTG...。今だから笑える、あの頃は本気だったXboxのボツ名称一覧

VIP、MIND、MTG...。今だから笑える、あの頃は本気だったXboxのボツ名称一覧 1

「Xbox」にしておいてよかった...。本当によかった...。そうじゃなければ、どんな名前になっていたのでしょうか? マイクロソフトは、文字どおりあらゆる可能性を考えていたようです。

Edgeのインタビューで、マイクロソフトの生みの親であるシーマス・ブラックレー(Seamus Blackley)さんは、「Xbox(DirectX Boxの略)」を商標に使うことに法的懸念があるとのことから、当時は別の名称案が検討されていたことを語りました。

結果的には、米XBOX Technologies社との協議を経てXboxという名称が使えるようになりましたが、ブランド名考案部隊が当時考えたいた代案はこんな感じ。

-MAX (Microsoft Action Experience)

- AIO (All In One)

- MIND (Microsoft Interactive Network Device)

- FACE (Full Action Center)

- MITH (Microsoft Interactive Theatre)

- XON (Experience Optimised Network)

- MVPC (Microsoft Virtual Play Center)

- TAC (Total Action Center - discs/games could be called TACs)

- MARC (Microsoft Action Reality Center)

- LEX (Live Entertainment Experience)

- M-PAC (Microsoft Play and Action Center)

- RPM (Real Performance Machine)

- MOX (Microsoft Optimal Experience)

- E2 (Extreme Experience)

- MTG (Microsoft Total Gaming)

- VIP (Virtual Interactive Player)

- PTP or P2P (Powered To Play)

- VIC (Virtual Interactive Center - disks/games could be called VICs)

- MARZ (Microsoft Active Reality Zone)

- TSO (Three, Six, Zero)

- EHQ (Entertainment Headquarters)

- O2 (Optimal Ozone or Optical Odyssey)

- MIC (Microsoft Interactive Center)

- R&R (Reality and Revolution)

- MEA (Microsoft Entertainment Activator)

- AMP (Active Microsoft Player)

- VPS (Virtual Play System)

- MAP (Microsoft Action Play)

- MEGA (Microsoft Entertainment & Gaming Attendant or Microsoft Entertainment & Gaming Assembly)

- CPG (CyberPlayGround)

- VERV (Virtual Entertainment & Reality Venture)

- OM (Odyssey of the Mind)

- P2 (PowerPlay)

- IS1 (Interactive System In One)

- MET (Microsoft Entertainment Technology or Microsoft Entertainment Theatre)

MAX、FACE、VIP、MTGなど、もはやツッコミ待ちとしか思えない名称案の数々。MINDとかOM(インドの諸宗教で使われる聖音)あたりも、だいぶ深い迷宮に入り込んでますね。

Edge via BI

KYLE WAGNER(Rumi 米版