Wikipedia先生による、過去100年もっとも影響力の高い映画リスト

Wikipedia先生による、過去100年もっとも影響力の高い映画リスト 1

何でも知ってる物知り先生のオススメ映画はこちら!

いい映画とは、面白い映画とは、影響力のある映画とは何か? それは個人それぞれの感じ方や好みで変わってきます。自分が最低最悪の駄作だと思っている映画にも、大ファンだと言う人がいるもので。では、何を持って影響力がある映画と言えるのか、今回はWikipedia先生に聞いてみました。

リサーチを行なったのは、ネタ元のArg! Team。下の画像にある青いグラフがその映画の影響力を表しています。この影響力は、Wikipediaのイントラでのリンククリックをチェックするアルゴリズムによって割り出されたもの。Wikipediaを見ていると、次から次へと色々なページに行って読みふける、気がつけば数時間たっているということがありますが、要はそれですよ。Wikipedia内で次々飛んでしまうページ先はどこが多いのか、映画分野にしぼってグラフ化しているのです。Wikipediaのみのページランクとも言えます。ちなみに、この調査で、85%のユーザーはランダムな記事内部リンクを、15%のユーザーは「おまかせ表示」をクリックするということもわかりました。

さ、リストはこちらです。年代別になってます。

Wikipedia先生による、過去100年もっとも影響力の高い映画リスト 2

「市民ケーン」と「オズの魔法使」がぶっちぎりです。近年では、「タイタニック」ですね。

Wikipedia先生による影響力のある映画ですが、Wikipediaの編集は圧倒的に男性ユーザーが多い(編集者の75%が30歳未満で、90%が男性)ので、その影響もあるかもしれませんなぁ。

ぼーっと数時間Wikipediaを読み続けることがありますが、あのぼーっとした時間がまさかこんなところで(たぶん)役に立っていたとはねぇ。

The Arg! Team via Hacker News

そうこ(ERIC LIMER/ 米版