再利用可能試作ロケットのグラスホッパーが飛行新記録、その高さ325メートル

再利用可能試作ロケットのグラスホッパーが飛行新記録、その高さ325メートル 1

東京タワーまであと少し!

スペースX社が開発する、再利用可能試作ロケットグラスホッパー。開発が進むにつれて精度があがるグラスホッパーが、その飛行距離で新記録をだしました。その高さ325メートル。東京タワー(333メートル)にはあと1歩及ばずでしが、ニューヨークのクライスラービル(320メートル)は超えてきました。

グラスホッパーは、再生利用型ファルコン9ロケットの参考機として開発されており、垂直離着陸可能で4本脚があるのが特徴。昨年2012年9月の初飛行では打ち上げ高さ2.5メートル、飛行時間3秒の記録だったので、たったの半年強で開発がぐんぐんすすんでいることがうかがえます。

これは、スカイツリーを超す日も来るかもな。

YouTube

そうこ(KYLE WAGNER /米版