26年前の上海はクラシカルな洋風の街だった…上海の今昔を比較してみる

26年前の上海はクラシカルな洋風の街だった…上海の今昔を比較してみる 1

上海特区の26年前の写真を2枚並べて比較してみると…。

街の急激な発展ぶりが、ここまで分かりやすく現れることにびっくりします。2014年に完成予定、ドバイのブルジュ・ハリファに次ぐ世界第三位の高さ632メートルを誇る上海タワーも建設中です。

浦東地区、黄浦江の東側のエリアは1987年に撮影されたもの。大都会とは言いがたい風景ですよね。川の向こうには地平線が認識できるくらい。

26年前の上海はクラシカルな洋風の街だった…上海の今昔を比較してみる 2

そして以下が現在の姿、まったく同じ場所で撮影された写真です。特別に経済活動を行う浦東新区として中国共産党が1990年に指定してから「経済都市」らしくなるべく、高層ビルが急激に増え、大胆な都市開発が行われました。

26年前の上海はクラシカルな洋風の街だった…上海の今昔を比較してみる 3

超高層ビルがガンガン増えいている大都市の代名詞といえばドバイですが、上海も凄いですね。

The Telegraph

mayumine(ASHLEY FEINBERG 米版