トヨタ、86より小さなFRスポーツカーの開発を検討中。もしかして…FRコペン!?

111202m-DSC_2418_R.JPG

そんなストーリーでぜひ!

トヨタが86(FT-86)よりコンパクトなFRスポーツカーの開発を考えているそうです。海外の自動車ニュースメディアCarAdviceに86のチーフエンジニア・多田哲也氏がそう答えました。

記事のポイントはこちら。

・豊田社長いわく、86はスポーツカー三兄弟の真ん中に位置するモデル

・MR2やセリカの名前が復活するかどうかはまだ答えられない

・でも後輪駆動車両ではあること

・他メーカーとの共同開発の可能性もある。

スバルとのタッグから生まれた86を次男とするならば、BMWと共同開発を行うスープラ級のスポーツカーが長男となるのでしょう。そして末弟は86よりもエントリーなモデルとなるので、リッタークラスないしは軽自動車級と考えられます。

となると、トヨタと資本関係にあるダイハツとタッグを組むのではないでしょうか。

上の画像は東京モーターショー2011でダイハツが展示したコンセプトモデル・ディークロス。でもコレは残念ながらFFでした。

トヨタ、86より小さなFRスポーツカーの開発を検討中。もしかして…FRコペン!? 1

いや、同じく東京モーターショー2011のトヨタ技術会では、キャミ+アルテッツァ+コペンのコンセプトモデルもありました。エンジンは1300ccで車重は1トン未満。このクラスで100万円台なら、いいかもしれませんね…!

Toyota to build smaller rear-wheel drive sports car[CarAdvice]

(武者良太)