グーグルChromecastレビュー:ポテンシャル高い小さなドングル

グーグルChromecastレビュー:ポテンシャル高い小さなドングル 1

過去数年間、メーカーはたくさんの機能をこれでもかとTVに詰め込んできました。3D、ウェブブラウジングができるもの…差別化競争が激しくなるばかり。そんな中現れた、新星グーグルのChromecast

この小さなドングルがあれば、ラップトップ、スマートフォン、タブレットをテレビに接続できるようになるのです。しかも、値段がとにかくすごく安い

これは何?

あの悪夢のNexus Q の後継機? いやいや違います。モバイル端末やコンピューターで見ている動画を、テレビの大画面で映し出すことが出来るドングルです。さらにChromeブラウザのタブで表示しているものは何でもミラーリング可能。そして35ドル(約3500円)と超安いのです。

誰のためのもの?

統合されたユーザーインターフェース…つまりスマートTV的なものが嫌いな人におすすめ。もしくはストリーミング可能なデバイス(Apple TVなど)を持っていないけど、スマートフォンやタブレットは持っているという方にもお勧めです。

何ができるの?

ケーブルに支配された、ごちゃごちゃした配線から少しだけ開放してくれます。今までは、(アメリカの)ストリーミングサービス、例えばNetflixやHuluをラップトップやタブレットのスクリーンより大きな画面で見たければ、スマートTVやApple TVや Rokuのような機器を必要としていました。

でも、ラップトップかスマートフォンかタブレット、そしてたった35ドルのChromecastのデバイスとHDMI端子があるTVさえあれば、インターネット上のコンテンツがテレビの大画面で視聴できるようになったのです。

あらかじめ理解しておいていただきたいこととして、Chromecastは、Apple TV のグーグルバージョンでは無いということです。100ドル(約1万円)のアップルTVの代わりになるわけではありません。

アップルTVやRokuには、プリインストールされたアプリ(例えばHulu Plus、HBO Go、Amazon Prime HBO Go など、アメリカの有名なストリーミングサービス)が含まれていますが、Chromecastにそれらはありません。スポーツの生中継サービス、 MLB League Passや、 NHL Open Iceは、Huge draws、SpotifyやMOG、Pandoraもありません。

Chromecastに無いものが非常にたくさんあります。それでもChromecastの値段は魅力的だし、SDKも公開されたばかり。今後、対応アプリが増えていくポテンシャルは充分にありますね。

グーグルChromecastレビュー:ポテンシャル高い小さなドングル 2

デザイン

Chromecastの長辺自体は5cmくらい、厚さも2.5cm以下、見た目はほとんどUSBスティックです。

片方にHDMIプラグが、もう片方にUSBポートがあります。HDMIプラグはTVに接続するために、USBポートは電源供給のために使います。さらにUSBケーブルを(もしあれば)TVのスペアのポートに差し込んで、そして付属のアダプタをつかってウォールソケットに差し込む必要があります。これは景観を損ねる理想とは程遠い姿…

でも、テレビの後ろ側なので、後ろ側に回りこんで見ない限りは問題ない…ということにしておきましょう。

使ってみて

設定は超簡単。ChromecastをHDMIとUSBに接続するだけ。TVのチャンネルをChromecastのインプットに変えて、Chromecastのアプリをダウンロードして、スクリーンに現れる指示に従っていくだけです。

このドングルは自動で自宅のネットワークを探知するので、パスワードを入力して繋きたいデバイスを確認するだけ。Chromecastのパッケージを開いてから10分もあれば全部のセットアップは終わっちゃうくらい簡単です。

テスト環境については、初代のNexus 7、Droid DNA、古くてしょうがないWindows 7 のHPラップトップ、WIndows 8 が動くSamsungのタブレット、そしてChromecastを55インチのVizio M Series LED TVに接続しました。

ソニーのストリーミングBlu-rayプレイヤーは動画のクオリティを調べるために利用、そして自宅のネットワークスピードは平均的に10Mbpsから15Mbpsです。

端末からの動画の共有は難しくありません。ストリーミングアプリを開いて、見たいものを選んで(選択肢はNetflix、YouTube、Google Video)、ビデオを読み込む、またはビデオを探して、スクリーン上のChromecastアイコンをタップ。ダイヤログボックスがぴょんっと表示されるので、TVに動画を送りたいかどうか質問され、そして、TV視聴が可能に。

Netflixにある「In-Betweeners」や「Ong-Bak」「The Thai Warrior」「The Man from Nowhere」などの映画やドラマをスマートフォンとNexusのタブレットから見てみました。Chromecastの動画もストリーミングレートも画質も、比較的忠実に再生されていました。

サービスやアプリに頼らなくて便利なのがChromeブラウザで開いているタブがミラーリング出来る点。(YouTube、Netflix、Google Video以外の他のサービスもすぐにChromecastに対応すると思いますが)

Google CastエクステンションをChromeにインストールしておいて、Huluのウェブサイト(他にもCrunchyroll、NHL Open Ice、MLB League Pass、HBO Goなどなど)から、アドレスバーの横にある「Cast」ボタンをタップするだけでミラーリング開始です。

「Naruto Shippuden(ナルト疾風伝)」の最新エピソードをHulu Plusから、またランダムに「Crunchyroll」のエピソードをランダムにHPのラップトップ、Windows 8 のタブレットから視聴してみました。

小さいスクリーン、大きいスクリーンでラグとで多少のラグがありますが、両方も一度再生されてしまえばさほど気になりません。

ミラーリングされている動画の画質はBlu-rayコントロール、またはサービス公式アプリで見る時より鮮明ではありません。ローカルにあるコンテンツをChromeブラウザから開いて見ている時も同様です。ちゃんと動くけど、カクカクして実際の画質より綺麗にはなりません。

またミラーリングしているChromeタブは、ネットワークとCPUにかなりの負荷がかかっているようです。1.6Ghz (2GB RAM) のラップトップでは、明らかに動作が重くなることがしばしば発生しますが、2.4GHz(4GB RAM) のWindows 8 のタブレットでは至って平気でした。

さらにChromecastのスマートフォンやタブレット端末をリモコン化する機能はとても良いアイデアですが、問題も多いです。モバイル端末を常に動画再生コントロールとして使い続けるのなら良いのですが。

ロックスクリーンから立ち上げようとすると、WiFiを感知するのをしばし待って、ストリーミングアプリがTVコントローラーとして機能していることを認識するのを待ち、そして「一時停止」ボタンを押せるといった有様。2秒かからずできることに20秒かかったりするんですよね。Apple TVやRokuだったらこうはなりません。(ソファのクッションの奥とかにリモコンを無くさない限り…)

好きなところ

Chromecastは、時代遅れなスマートTVを買いたくない、低コストで手軽にストリーミングサービスを楽しみたい方にはぴったりだと思います。(サムスンのTVのビルトインブラウザでネットサーフィンするのが好きなようなマゾヒストはまた別ですが)

一度動画が再生されれば、Chromecastに接続しているスマートフォンやタブレットの端末は、動画の再生を止めることなく他の操作が可能です。また、他のメディアを直接TVにキューを入れることもできるので、モバイル端末の方はNetflixのサーバーからTVに送信するときにバッテリーを無駄に使うこともありません。

さらに言えば、モバイル端末がリモコンになるだけではなく、例えば映画の視聴を中座した時、部屋にいる人なら誰でもChromecastにログイン出来て、リモコンとして機能するのです。これは素晴らしい。そしてシンプル!

そして何と言っても価格ですね。たった35ドル(3500円)です。

微妙なところ

グーグルのChromecastのデモでは、ドングルをスマートにTVの後ろに差し込んで魔法のように動いているかのように表現されていましたが、これは半分ウソですね。ChromecastがHDMIポートだけで電源が供給されなければ、バッテリーが持ちません。事実上はTVのUSBポートにもケーブルを入れないといけません。大きなコストをかけない代わりに、TVのソケットを占拠するような苦い気分を味わうことになります。

また、現状はGoogle Play Musicしかサポートされていないのも苦痛です。iTunesやAmazonをメインに使っている人にとっては、100GBはありそうな音楽ファイルを同期しなくてはいけないのですが、それは全然現実的ではありません。

そして、かなり強いWiFiネットワークでないと、ミラーリングの機能が十分に使えないことも注意しないといけません。対応アプリが増えればこの問題もどんどん少なくなっていくとは思いますが。

これは買うべき?

もちろん! 35回「イエス」と答えられるくらいですよ。

ただしApple TVやRoku、またはNetflixのヘビーユーザーは除きます。50ドル(約5000円)でRokuが、100ドル(約1万円)でApple TVが手に入れられ、少なくとも現時点では、そっちの方が安定した機能が手に入りますからね。それでもChromecastの低価格のミラーリング機能はなかなか便利なモノです。

今一度自宅の環境を確認してみて、TVが複数台あったり、ストリーミングサービスが好きだったりしたらChromecastは素晴らしい選択肢になりますね。

mayumine(ANDREW TARANTOLA 米版