ありゃま…Chromecast最新アプデで非純正アプリ瞬死(仮死)

ありゃま…Chromecast最新アプデで非純正アプリ瞬死(仮死) 1

Chromecast最高なんだけど、これは…

Huluなど対応サービスが増える一方、ローカルストレージのメディアなどなんでもChromecastに転送できるのがウリのサードパーティ製アプリ「AllCast」が再生不能になりました。

Chromecastのファームウェアの最新アップデートをすると、非純正アプリがPCのローカルメディア等の配信に使ってる機能が使えなくなるんだそうでして…。

AllCastデベロッパーのコーシク・デュッタ(Koushik Dutta)さんは募る疑念をGoogle+にこうぶちまけてますよ

みんな要注意。Google Chromecastの最新アップデートでは恣意的にAllCastが壊れる仕掛けになっている。

...[1]外部ソースのメディアを再生する機能をグーグルがわざと削除/無効化したのはこれで2度目なので、Chromecastデベロッパープログラムに対して僕が抱いてきた疑念は強まるばかりだよ。

端末で再生できるのは承認コンテンツだけだなんて、この方針は高圧的アプローチに過ぎる。Chromecastはもしかしてインディーのデベロッパーは歓迎ではないのかも。配信してOKなメディア企業は結局、Google TV開発チームが選別してきそうだ。

これは残念×2。Chromecastの提携先が増えてゆけばすごく便利になることは間違いないけど、オープンじゃないのはやっぱり残念。グーグルがChromecastの手綱を締めれば選りすぐりのコンテンツが楽しめるのはそうですけど、それで損なわれるポテンシャルも大きそうですね。

--

上記原稿公開後、TechCrunchにグーグルからコメントが(via juggly.cn)。「Chromecastでは、ローカルコンテンツ向けアプリも含め、あらゆる種類のアプリをサポートする。Google Cast SDKはまだ開発初期段階なので、今回リリースしたのは初期開発・テスト用限定の開発者プレビュー版だ。正式版をもっと沢山の利用者にリリースするまでにはSDKに変更を重ねてゆきたい」とのことです。瞬死ならぬ仮死。デュッタさん、Google+に疑念を吐露した甲斐がありましたね。

ERIC LIMER(原文/satomi)