BMW i8にゴリラガラスが採用

BMW i8にゴリラガラスが採用 1

スマートフォンのあのガラスが車にも。

この秋にお披露目される予定のBMWの新モデルi8の詳細が、また少し明らかになりました。プラグインハイブリッド車i8、そのウィンドウにゴリラガラスが採用されること発表されました。ゴリラガラスが車に使われるのは初めて。

ゴリラガラスが採用されるのは後部ウィンドウ。厚さ0.7ミリのゴリラガラスの2枚層が内部のアコースティックシートと共に使われます。薄いゴリラガラスを採用することで、BMW i8の車体重量が軽減される利点があるといいます。

BMW i8にゴリラガラスが採用 2

また、ゴリラガラス以外で明らかになっているスペックは、1.5リッター3気筒ターボエンジンで駆動し、前輪の電気モーターが131馬力、システム合計約362馬力、最大トルクは420lb-ft。電気運転中の最高時速は、時速155マイル(時速249.45キロ)。時速0マイルから60マイル(時速96.56キロ)までスピードアップに要する時間は、わずか4.5秒。

Wired, Autoblog, Autoweek

そうこ(CASEY CHAN 米版