ドコモ副社長「iPhone販売の態勢整った、時期が問題」と発言…結局どうなるの?

130826docomo.jpg

つまり…どういうこと?

本日産経Bizは、NTTドコモ副社長の坪内和人さんがiPhoneの販売について「ドコモ側の態勢は整った。いつ出すかが問題だ」と発言したと報じています。

ただし、9月10日にも発表される予定のiPhone 5Sについては「状況は変わっていない。難しい。」と発言しており、ドコモ版iPhoneの登場はもう少し待たなければいけないようです…残念。

また、坪内さんは冬のスリートップ端末に関して「シャープのIGZOはいい。ソニーの高機能カメラも売りになる」と発言しており、スリートップ端末にソニーとシャープの端末が登場することを示唆してくれました!スリートップの3つ目は富士通の端末になるなんて報道もありますが、はたしてどうなるのでしょうか。

二転三転するドコモ版iPhoneの報道に若干食傷気味の方も多いと思いますが、次の次のiPhone 6はドコモでの取り扱いが開始されることを願いたいものです…

産経Biz

(塚本 直樹)