愛を求めるロボット殺人鬼。斬新なSFホラーショートムービー『ABE』長編映画化決定!

愛を求めるロボット殺人鬼。斬新なSFホラーショートムービー『ABE』長編映画化決定か

このロボットは愛するようにプログラムされた家事ロボット

愛することの出来るロボットが、シリアルキラーになるSFショートホラー『ABE』。これは、イギリス人脚本家・監督・VFXアーティストのロブ・マクレラン氏が作ったものなのですが、「io9」によると、MGMが長編映画化の権利を獲得したそうです。

deadlineによると、脚本と監督はロブ・マクレランが担当し、製作には『ザ・インタープリター』や『スコーピオン・キング』のケビン・ミッシャーと、『スター・ウォーズ クローン大戦』シリーズのスティーブ・ツィーリンが参加するようです。

拘束され、口にガムテープを貼られた女性。怯える彼女の前にやってきたのは、人畜無害そうなロボット。彼は不安げな表情を浮かべる女性に対して、その無機質な外見とは反対に「苦しくないですか?」、「何か欲しい物はありますか?」と優しい言葉をかけます。彼女が何も求めていないと分かると、機械的に血で汚れたメスを手に取り......。

愛を求めるロボット殺人鬼。斬新なSFホラーショートムービー『ABE』長編映画化決定![Kotaku Japan]

(ギズモード編集部)