Photoshopじゃないよ! 拾った小熊を10年かけて育てた人がいた

Photoshopじゃないよ! 拾った小熊を10年かけて育てた人がいた 1

Photoshopでもなんでもなくて、実話なんです。

10年前、アメリカのモンタナ州出身のケイシー・アンダーソン(Casey Anderson)さんは、ある二頭の小熊に出会いました。この小熊たちは、モンタナ州の熊収容所で産まれ、小屋の中での生活を余儀なくされていました。そこでケイシーさんは、この二頭を養子にもらうことを決心したのです。

Photoshopじゃないよ! 拾った小熊を10年かけて育てた人がいた 2

悲しい事に二匹のうちの一匹は赤ちゃんのうちに亡くなってしまいましたが、生き延びたもう一匹はBrutusと名付けられ、今まで育てられてきました。

Photoshopじゃないよ! 拾った小熊を10年かけて育てた人がいた 3

これがまだ小熊だったときのBrutusとCaseyさん。小熊…? もう大型犬よりも大きくなっていますね。さて、そんなBrutusは10年経った今どんなかんじなっているのでしょうか。以下リンクからどうぞ。

拾った小熊を10年かけて育てた人がいた![roomie]

(ギズモード編集部)