実際とは違うウソの記憶を作り出せる? マウス実験に成功

実際とは違うウソの記憶を作り出せる? マウス実験に成功 1

記憶違いの原因究明へ。

マサチューセッツ工科大の利根川進教授と理化学研究所の研究グループが、マウスの脳細胞を操作することで実際にはないウソの記憶(過誤記憶)を作り出すことに初めて成功しました。記憶というものがいかに当てにならないかを示すと同時に、人の記憶の仕組みを解明する手がかりになるものとして注目を集めています。

今回の実験は脳の奥にある海馬と呼ばれる部分に光をあてることで行われました。用いられたのは遺伝子操作により光をあてると直前の記憶が再生されるようになったマウスです。

実際とは違うウソの記憶を作り出せる? マウス実験に成功 2
Image by:COLLECTIVE NEXT

マウスは安全な部屋(青枠の部屋)から別の部屋(赤枠の部屋)に移された後、脳に光をあてながら足に電気ショックを受けます。しかし光によって直前の記憶が引き出されたため、安全な部屋で痛みを受けたように記憶。安全な部屋に戻っても外敵に遭った時のように身構え警戒する様子を見せたそうです。

このような「ニセの記憶が蘇る」脳の仕組みは、実際の記憶を司る仕組みと非常によく似ており、統合失調症などで幻覚を見るような患者の治療法解明につながることが期待されています。

Image by Africa Studio / shutterstock

理化学研究所 プレスリリース via CNN

(KITAHAMA Shinya)