オバマ大統領がなんとアップル製品禁輸命令に拒否権発動のウルトラC

オバマ大統領がなんとアップル製品禁輸命令に拒否権発動のウルトラC 1

サムスン対アップル特許戦争で6月、サムスンが米国際貿易委員会(ITC)で1点ゴールに湧いたのも束の間。ITCが下したiPhone 4、3G iPad 2など一部アップル製品の輸入・国内販売禁止命令に、オバマが拒否権を発動してチャラにするという異例の事態となりました。

WSJの初報によると、ITCの輸入禁止令に拒否権を行使したのは1987年以来初めて。(このWSJ報では「オバマ政権が拒否権行使」「米通商代表部(USTR)が拒否権の行使を決定した」とありますが、厳密には拒否権発動は大統領権限です。USTRは発表者)

サムスンの3G標準特許の侵害がITCに認められて輸入禁止命令となったわけですが、仮に命令が実施されていたとしても影響を被るのは古いアップル製品だけで、一番大きいのがiPhone 4ですか。いずれにしても今回の拒否権行使で、今後も現状のままとなります。

二社の特許戦争がこれで幕引き、ということもなさそうですけどね。

WSJ日本版] 関連:知財情報局

ERIC LIMER(原文/satomi)