リアル世界に「実寸大」で再現されたウォーリー(動画あり)

ほんとに生きてるみたいです!

リモコンで動く「実寸大」のウォーリーが再現されました。制作したマイケル・マクマスターさんとその仲間たちによれば、制作期間は2008年から5年間、これからも改良を加えていくと言います。

上の動画のウォーリーは、すべて1から手作りです。マクマスターさんは以前スターウォーズのR2D2の再現にも取り組んでいましたが、ウォーリーにはR2D2とは違う難しさがあったと言います。

まずデザイン上で大変だったのは、ウォーリーのレプリカを作るといっても、そもそもオリジナルの「モノ」がなかったことです。R2D2の場合、実際に映画で使われたものがいくつかありましたが、ウォーリーは完全にCGアニメなので実物がありません。でも映画の中にルービック・キューブを手に取る場面があったので、そこから手の大きさを決め、手と体の比率から体の大きさも決まり…となったそうです。ただし映画を詳しく見ていくうちに、ウォーリーの大きさが一貫して同じではないこともわかったとのこと。そんなわけで、マクマスターさんがピクサーの関係者にコンタクトを取ったところ、彼のデザインは十分だと言われました。

それからメカニクスという意味では、ウォーリーの頭部はR2D2より可動域が大きくなっています。なのでマクマスターさんは高精度サーボモーターを採用し、そのため頭部を極力軽くすべく、軽いフォームボードで作っています。またウォーリーの足にあたるキャタピラ部分は、ベースのプラスチックのベルトとうまく協調して動くよう、自前の型にゴムを流して1枚ずつ作った68枚のパーツでできているそうです。

この他、「ウォーリィィ」って声やまゆの上げ下げといった表情、全体的なくたびれ感…などなど、いろんな工夫が詰まっています。手をかけた分だけ、もう魂入っちゃってるんじゃないかってくらい可愛いウォーリーになってますね。

Mario Aguilar(原文/miho)