古い建物はそのままに新たに生まれ変わらせる、ガラスと鉄で見事なドームを(ギャラリーあり)

古い建物はそのままに新たに生まれ変わらせる、ガラスと鉄で見事なドームを(ギャラリーあり) 1

ドームと言っても、改築は上部だけではありません。

大きな歴史のある建物。古くなって使い道がいま一つ、ほったらかしておくにもいかない、けれどそのまま壊してしまうのはどうでしょう。古く大きな建築物は、その街の外観として大きな役割があります。また、歴史的観点からも壊してしまうのはもったいない。しかし、そのまま補修だけして使わないのはもっともったいない。

そこで、近年、古い建物はそのままに現代的/未来的なデザインや技術を加え、古い建築と今の建築の共存プロジェクトが注目されています。

イタリアのThe Palazzo ex Unione Militareもその1つ。1901年に建設され、かつてはイタリア軍の本拠地が置かれていた建物です。民間への売却を経て、2008年大型改築プロジェクトが始動しました。重要な文化財ということで、パラッツォの外観には手を加えることはできません。そこで内部を徹底的にいじることに。屋根から地下まで、全フロアを完全改築! 

1000トン近い瓦礫を撤去し、内部にガラスと鉄でできたなんともユニークな新たな建物を作ったのです。このガラスの新建物、パラッツォの屋根から頂上部分をガラスドームのように少しのぞかせています。

20130807romanpalazowithglassdomes0120130807romanpalazowithglassdomes0220130807romanpalazowithglassdomes0320130807romanpalazowithglassdomes0420130807romanpalazowithglassdomes05

プロジェクトは、制作費2億2000万ドル(約215億円)を費やして、5年をかけて完成。内部には、H&Mやベネトン等がはいることになるのだとか。

[Images by Gianni Basso via DesignBoom]

そうこ(KELSEY CAMPBELL-DOLLAGHAN 米版