世界の郷土菓子を自転車で食べ歩く青年を応援しよう!

世界の郷土菓子を自転車で食べ歩く青年を応援しよう!  1

世界の郷土菓子に魅せられたひとりの日本人青年が、世界各地の郷土菓子を食べ歩きながら自転車で世界横断の旅を続けています。

郷土菓子研究社」を主宰する彼の名前は林周作氏。1988年京都生まれの25歳。フランス・イタリア料理を学んだあと、京都のパン屋に勤務。その後、郷土菓子の魅力にとりつかれ、様々な国を旅しながら郷土菓子の研究をはじめます。

ヨーロッパ各地に眠る郷土菓子を探求するために2011年渡仏。フランスをベースにヨーロッパの郷土菓子を食べ歩いたのち、2012年6月パリを出発。1年半をかけてヨーロッパからユーラシア大陸、その東の果ての上海を目指して今も旅を続けています。

旅先から発信されるお菓子とはいったいどのようなものでしょうか。詳しくは下記からどうぞ。

世界の郷土菓子を自転車で食べ歩く青年を応援しよう![roomie]

(ギズモード編集部)