だからこそ! ニコン決算説明会資料に見る現在のデジカメ市場と今後の展望

だからこそ! ニコン決算説明会資料に見る現在のデジカメ市場と今後の展望 1

カメラの概念を変えるような何か」に期待したくて!

ニコンの2014年3月期第1四半期決算説明会の資料が公開されました。従来の連結純利益の予想を大幅に引き下げるという、かなり厳しい内容となっています。

同社はその理由として、資料内で次のように述べています。

・レンズ交換式カメラと交換レンズの市場(出荷台数ベース)は前年比2桁%縮小、ニコンとしては1桁%の減少に留まった。

コンパクトタイプの市場は約半減、ニコンも3割減。

コンパクトの市場縮小は想定以上

ノンレフレックス(ミラーレス)は市場拡大が急減速

デジカメが売れていないというわけではありません。一眼レフは159万台(前年比-8万台)、交換レンズは224万本(前年比-6万本)と、市場全体の縮小スピードを考えれば健闘しています。

しかし問題はコンデジの市場。スマートフォンが奪っているとはいえ、1年間で市場が半減するというのも驚きのお話。また今後のデジカメ界のコアとなることが求められていたミラーレス市場が飽和しつつある現実も厳しいものといえます。

今後のニコンの施策は

・一眼レフデジカメは、エントリークラスで新製品へのシフトを加速

・Nikon1シリーズの商品計画見直し。

・コンパクトも新製品の開発計画を見直し。

とのこと。D3000、D5000クラスの後継機に注力する(もしくは、さらに下のエントリー機を出す? にこわんクラスのボディにAPS-Cサイズのセンサー搭載とか?)といった意味の発言は頼もしく感じますが、その他は、やや彩りを感じない選択を取るそうです。

だからこそ気になるのがニコン社長、「カメラの概念を変えるような何か」を5年以内に発売と宣言の記事。もちろんカメラ好きとしては、純粋無垢なカメラ製品をこれからも追い求めていきたいけども、ニコンが社会に対してイノベーションを起こすというのであれば応援の声を上げていきたいっ!

2014年3月期第1四半期 決算説明会(リンク先PDF)[ニコン]

(武者良太)