ツートップ改めスリートップ? ドコモ冬モデルの主役は国内メーカーになるかも

ツートップ改めスリートップ? ドコモ冬モデルの主役は国内メーカーになるかも 1

日本メーカーくる?

ロイターはドコモの冬商戦について、複数の関係者からの話として「ソニー・シャープ・富士通の3機種を重点的に販売する方向で調整に入った」と報じました。特定機種を値引きする夏商戦の「ツートップ」戦略を3機種に対しても踏襲するものとみられます。

夏商戦でツートップに入れなかったシャープおよび富士通にとってはまさに願ったり叶ったりの話。新しい「スリートップ」にはそれぞれ「XPERIA」「AQUOS PHONE」「ARROWS」の次期モデルが選ばれるとみられています。

一方、夏商戦でツートップに選ばれながらも今回外されてしまったのがサムスン。夏モデル「GALAXY S4」の売上が3ヶ月で70万台弱と伸び悩んでいることがその理由だそうです。

また幾度と無く噂に上がるドコモのiPhone取り扱いについては、いまだ結論が出ていないとのこと。国産の「スリートップ」で勝負するなら、黒船iPhoneの扱いはナシだろうなと思いますが…どうなんでしょう?

いずれにせよ日本メーカーにとってはシェアを奪い返すチャンス。ぜひこの機会を活かして頑張ってもらいたいですね!

REUTERS

(KITAHAMA Shinya)