エクストリームなエルゴノミクスキーボード&マウスの新作がマイクロソフトからデビュー

エクストリームなエルゴノミクスキーボード&マウスの新作がマイクロソフトからデビュー 1

ブラインドタッチをマスター済みの皆さまだけに、特別なアイテムをご紹介です! え、私ですか? 指1~2本でぽちぽち派ですが!

マイクロソフトから新型キーボード&マウス「Sculpt Ergonomic Desktop」の登場です。中央部が大きく分かれつつもパームレストは盛り上がっています。実際に手を置いたときの間隔は、ろくろを回しているようなポジションになるのかな?

130814-51N7t9jZdZL130814-61h3qhMO74L130814-61YNAqeakpL130814-71scoB1fi8L130814-513bajXLb8L130817-mk_SEDT_otherviews04

開発時のコードネームは「Manta Ray」。たしかにパームレスト側から薄めに見た感じはGダライアスのデスウイング…じゃなくてエイに似ていますね。

テンキーは別体型。接続は2.4GHz帯のワイヤレス。マウスには青いWindowsボタンが備わり、Windows8ネイティブだということがわかります。

お値段は「Sculpt Ergonomic Keyboard」が80.95ドル(約7800円)、「Sculpt Ergonomic Mouse」が59.95ドル(約5800円)、セットの「Sculpt Ergonomic Desktop」が129.95ドル(約1万3000円)。長文入力時にどれだけ負担が少なくなるのか、愛用のキーボードと使い比べしてみたいですね。

Sculpt Ergonomic Desktop[Microsoft]

(武者良太)