高すぎる代償!?  テスラ「モデルS」が事故ったら、思わぬ事態が起きました!

高すぎる代償!?  テスラ「モデルS」が事故ったら、思わぬ事態が起きました! 1

こんな電力消費はいやだ!

テネシー州マーフリーズボロで、テスラのモデルSがクラッシュしました。なんだ、普通の交通事故かと思いきや、この事故が思わぬ問題に発展します。なんとモデルSがクラッシュした電柱は街の電力を供給していたケーブルを支えていた柱。これが原因で街全体が停電になってしまいました。

高すぎる代償!?  テスラ「モデルS」が事故ったら、思わぬ事態が起きました! 2

100%電力で走る電気自動車が、人の電気を奪ってしまう事態を巻き起こすなんて、何か皮肉ですね。事故だからテスラの非ではないのですが、電気自動車は電気食いそうなんてイメージが先行しそうで残念。交通事故の原因は34歳女性ドライバーの飲酒運転だそうです。

高すぎる代償!?  テスラ「モデルS」が事故ったら、思わぬ事態が起きました! 3

ただでさえ希少なモデルSは、事故が起きたこの地域では非常に珍しい車だそうです。事故を起こしたモデルSは大破してもなお電源がオンになったままで動いてました。現場に到着した作業員は事故車をレッカー車に乗せたいけれど、モデルSについて全く知識がありませんでした。このため、わざわざ「技術的指示」をもらって、ようやく電源をオフにできたそうです。モデルSの電力、恐るべし...。

WGNS via Autoblog

CASEY CHAN(米版/鴻上洋平)