星に願いを。子どもたちの夢が込められた「星空イルミネーション」

星に願いを。子どもたちの夢が込められた「星空イルミネーション」 1

きらきらひかる、地上の星よ…。

思わずそう歌い出したくなるご覧の風景は、鹿児島県南種子町に位置する「世界一美しいロケット発射場」と呼ばれている種子島宇宙センターの芝生広場の夜景。

現在、宇宙センターでは「星空イルミネーション」という展示が行われており、夜になるとたくさんの地上の星が光り、幻想的な宇宙が現れるのです。

この地上の星のように見えるのは、太陽光電によって点灯された約400個にのぼるオブジェ。「宇宙芸術教室」というワークショップで南種子町内の子どもたちが作ったもので、ひとつひとつに「自分の住む星」をテーマにした絵が描かれています。

宇宙センターで芸術作品を展示する初めての試みでもある「星空イルミネーション」は、「種子島宇宙芸術祭」のプレイベントとして9月16日まで開催中。美しい空と海を臨む宇宙センターで過ごす、幻想的な夏の夜。これから遅めの夏休みをとる予定の人はぜひ。

130827illumination_02130827illumination_03

COLOCAL, beyond [space + art + design]

(ハヤシミキ)