「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 1

去年発売されたソニーの「RX 100」はクラシックで美しい外観、ポケットに収まるカメラなのに1.0型CMOSセンサーに大口径レンズと、レンズ交換式カメラに引けを取らない、素晴らしい出来栄えでした。

そしてこの度、DSC-RX100の兄弟機として投入された「DSC-RX100 II(マークツー)」。

どんなカメラか?オリジナルからどこが変わったのか? 買いなのか?をレビューしますよ!

これは何?

(アメリカで)750ドル(約75000円)の高級コンパクトデジタルカメラ。

1.0型センサー搭載、20.2メガピクセルの解像度、28-100mm/F1.8-4.9のレンズを搭載しています。

誰のためのもの?

手持ちのコンデジが古くなったなあ、もう少し小さいものにしたい、でもスマートフォンで撮影した写真のクオリティでは満足できない…という人へ。

デザイン

ほとんどオリジナルのRX 100と変わりません。直線的でフラットなデザイン、マットブラックな色で男らしい。背面の液晶がチルト式液晶に変更されているため、オリジナルのRX100より少し厚くなっています。

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 2

使ってみて

こういったコンデジに、これだけのコントロールスキームが搭載されているのは一種のチャレンジ。ソニーは素晴らしいものに仕上げてくれたのですが…、RX100 II特有の癖がないわけではありません。

背面に配置されているボタンが、液晶モニタの隣にぎゅっと所狭しと置かれていて、親指でコントロールダイヤルを操作するのはちょっと大変。

レンズ周りにもリングが配備されていて、ここからも様々な設定をすることができますが、このリングからの設定内容がディスプレイ画面に登録が確認できるまでがものすごく遅い気がします。

小慣れたカメラユーザーのために、多くの事がカスタマイズできるようになっています。メニューは、ミラーレスのNEXのごちゃごちゃしたものと比べれば、シンプルで分かりやすいレイアウトだと思います。

RX100 II のサイズ感は男性のジーンズのポケットに難なく入って、少しはみ出すくらい。

写真を取りに出かける程度なら全然問題無いですが、毎日持ち歩くとしたら少し大きいかも…という印象。コートのポケットにはすっぽり入りそうですが。

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 3

100%でクロップ

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 4

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 5

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 6

ISO 3200

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 7

ISO 3200、100%でクロップ

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 8

コンパクトなサイズは充分に評価に値しますが、パフォーマンスも高いお金を払うだけの価値はあると思います。RX100 II は、あらゆる状況でも充分満足な画質を提供してくれます。

いや、せっかくの大型センサー搭載しているわりには充分な画質を提供していないかもしれないという見方もあるかもしれませんが、レンズ交換式カメラはかさばるし、単焦点レンズしか搭載してなければ、撮影できる写真のバラエティは制限されますよね。

RX100 IIは、ズームが搭載されたポケットに収まるカメラとしてはベストだと思います。オリジナルのRX 100からどこが変わったのか、という点においてはあまり大きな変更はありません。

・センサーを裏面照射型に変更、これまでより暗い場所での撮影が可能に。

・背面液晶がチルト式液晶に変更

・Wi-Fi&NFC搭載。

・マルチインタフェースシュー搭載。

・動画のフレームレートが24pに。

・そして(アメリカでは)150ドルの価格差がある。

といったところでしょうか。

良いところ

RX 100 II は、ズームレンズ統合型のコンパクトカメラの部類の中でも最高の画質を提供してくれます。また昨年のモデルから、より光の少ない場所での撮影ができるようになりましたね。

残念なところ

やっぱり、それでもお値段が高い。

微妙なところ

これだけ高級なのだから、タッチスクリーンを搭載すべきだと思いました。

コンパクトデジタルカメラは、物理的に操作するスペースが限られるわけですから。

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 9

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 10

「DSC-RX100 II」レビュー:オリジナルから少しだけ改良されたベストコンデジ 11

テストノート

・動画の画質はコンパクトカメラの割にはとても良いです。ただし動画撮影中は露出補正以外の調整ができません。

・全てのサンプル写真はRAWで撮影、Adobe LightroomでJPGに現像しています。

・最短撮影距離はクローズアップした撮影に良い感じですが、レンズを設定しないといけません。

・クローズアップした写真も良い感じに撮影できます。ただしレンズのF値は最大に。

・電源オンから電源オフまでの時間がよくわかりません。時に約1秒くらいかかり、時に最大3秒くらいかかります。

・オートフォーカスからマニュアルフォーカスに変更する時がかなり面倒。

ファンクションメニューまで行って、ジョグダイヤルを回してマニュアルフォーカスを選択します。普通、この操作はワンタッチで行えるべき。でもカスタマイズできます。

これは買うべき?

ズームレンズが搭載されたコンデジとしてはベストであると言えます。

約800ドル(約8万円)のリコーGRのような、単焦点レンズカメラの方がパフォーマンスは良いかもしれません。

かさばるレンズ交換式カメラで良ければ、例えばSony NEX-3Nは450ドル以下で購入出来ますし、RX100 IIより性能は優れています。

mayumine(MICHAEL HESSION 米版