0.5mm以下!? 世界最薄のワイヤレスキーボードがついに登場

0.5mm以下!? 世界最薄のワイヤレスキーボードがついに登場 1

ぺらっぺら~。まさにキング・オブ・薄っぺら。

QWERTY配列をプリントアウトした紙に見えなくもないですが、実はコレ、れっきとしたタブレット用ワイヤレスキーボードなんです。ワイヤレス技術に特化した会社、CSRが開発したもので、薄さは0.5mmに満たないシロモノ。スリム化の波はとうとうキーボードにも到来したみたいです。

実はこのキーボード、薄型のタッチスクリーンにキーボード状の印刷を施しているので、タイピングのみならず、スタイラスペンを使ったり、スワイプも出来ちゃうスグレモノ。この薄さを実現しているのはBluetooth smartを内蔵しているからで省エネだったりもします。

タブレット用ワイヤレスキーボードって、そこそこ需要がありますよね。私もiPadにロジクールのワイヤレスキーボードをつけていますが、メールが打ちやすいといったら!もはや手放せないアクセサリーとなっていますが、地味に重くてかさばるのが難点です。紙っ切れのような薄さが売りのこの製品、重量も紙っ切れレベルなのかが気になります。

商品化されるまでには少なくともあと1年はかかるそうですが、プロトタイプはギズも絶賛追いかけ中のIFAでお披露目されるとのこと。楽しみです!!

0.5mm以下!? 世界最薄のワイヤレスキーボードがついに登場 2

[CSR via The Guardian]

Andrew Liszewski (米版/編訳:たもり)