キンコーズが写真からお手軽に立体物を製作できる「3Dフォトレリーフ」サービスを開始

2013.09.26 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130919kinkos_3D.jpg


3Dプリントをもっと身近に。

3Dデータや知識がなくても、デジカメデータを入稿するだけで手軽にレリーフ状の立体物を製作できるサービス「3Dフォトレリーフ」をキンコーズが開始しました。選べる大きさは「ハガキサイズ(100×148mm)」「2Lサイズ(127×178mm)」「A4サイズ(210×297mm)」の3タイプで、ペットなどの顔を立体的に仕上げる「カラータイプ」と、裏側から照明を当てると陰影が浮かび上がる「透光タイプ」のレリーフを選択できます。


130919kinkos_3D_2.jpg


同社は他にも3D CADや3D CGのデータから本格的な3D造形を行える「3D プリント」サービスの提供をスタート。こちらは素材を樹脂と石膏から選択することができ、石膏タイプは造形物に着色を行うこともできます。

「3D フォトレリーフ」と「3D プリント」はキンコーズのホームページから注文することができますよ!


プレスリリース

(KITAHAMA Shinya)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
  • クリス・アンダーソン|NHK出版
・関連メディア