インターネットに新たな歴史が。第65回エミー賞にてオンライン番組が3部門を獲得(動画)

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」大快挙!

米国現地時間9月22日に発表された、米国のテレビドラマ関連アワード第65回エミー賞にて、インターネットにまた新たな歴史が加わりました。2013年、初めてオンラインのみで放送されたネット番組が表彰されることになったのです。表彰を受けたのは、Netflixが制作/放送するドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」なんと、作品賞/主演男優・女優賞を含む9部門にノミネートされていました(ちなみに、Netflix制作番組全て合わせると、14部門にノミネートされていました)。

ハウス・オブ・カードは9部門ノミネートのうち、ドラマ部門で監督賞/キャスティング賞/撮影賞の3つを受賞。作品賞や主演男優賞は、逃したもののネットドラマでは非常に大きな快挙と言えます。

Netflixは、300万ドル(約3億円)の予算をかけて年に5つ以上のオリジナルドラマの制作を予定しています。今後、ネットドラマがより幅をきかせてくることになりそうですね。

Variety

そうこ(JAMIE CONDLIFFE /米版