マイクロソフト、新型「Surface 2」を9月23日に発表へ!

マイクロソフト、新型「Surface 2」を9月23日に発表へ! 1

次期Surfaceが登場!

マイクロソフトは9月23日にニューヨークでスペシャルイベントを開催し、新型Surfaceを発表します。9日には米国メディア宛に招待状が送られています。

新型Surfaceは、RTが消えた「Surface」と「Surface Pro」の2機種になる模様。Surface Proのスペックはすでにリーク情報が出回っています。しかし新Surfaceで最も気になるのは、マイクロソフトがどの程度大掛かりな改良を加えてくるか、にあります。キーボード・カバーやキックスタンドの変更はあるのか? それとも大きなデザイン変更で賭けに出るか?

これらの変更はSurface製品群にとって重要になります。特にSurface Proにとって。例えばバッテリーライフ。インテルの超低電力チップHaswellは既に多くのノートPCで前世代では出来なかった長時間バッテリーライフを実現しています。最新のMacBook Airは最大12時間も稼働するのです。反対にSurface Proは、バッテリー稼働時間が持続できないために四苦八苦していました。それから10インチに1080pディスプレイの組み合わせは、大きな問題でした。Windows 8.1搭載になれば、もっと使い勝手のいいモノになるかもしれません。しかし初代モデルの不安要素が改善されない限り、いくら内部が改善されてもSurfaceの使い勝手がよくなることは無いでしょう。

マイクロソフト、新型「Surface 2」を9月23日に発表へ! 2

RTについての希望は、最低でもディスプレイの改良が欲しいところです。発表から一年が過ぎても貧弱な状況に変わりがないWindows 8アプリのエコシステムに依存している点も、やはり不安ですよね。噂ではTegra 4プロセッサー、 フルHDの1080pディスプレイとスペックもパワーアップルする模様。Surface RTのハードウェアはかつてないほど素晴らしく、Surface Proよりも魅力的に見えます。ですので新型Surface RTも使いたくなる製品であって欲しいものです。

しかし、招待状にはいつものSurfaceキーボードが描かれていました。これを見る限り、恐らくデザインに変更がある可能性は低そう。ということは感度の低いトラックパッドに変更はなさそうですね。

マイクロソフト、新型「Surface 2」を9月23日に発表へ! 3

Surfaceは本来であれば新しい世代のチップを搭載するはずだった製品なのです。ですので、この一年での山あり谷ありの経験がこれから発表される新製品の開発に生かされているはず。新Surfaceとマイクロソフトの本気度はあと二週間後に分かります。

KYLE WAGNER(米版/鴻上洋平)