ドコモ、Google Glass風のメガネ型コンピューターをCEATECに出展へ

ドコモ、Google Glass風のメガネ型コンピューターをCEATECに出展へ 1

ドコモならではの連携に期待。

ドコモは10月1日〜5日まで幕張で開催されるCEATEC JAPAN 2013にて、メガネ型コンピューター「インテリジェントグラス」を発表すると発表しました。

この、一見Google Glassにも似たウェアラブルデバイスは以下の様な機能を備えているそうです。

・手ぶらでムービー

 スマートフォンの画面をインテリジェントグラスに表示させ、動画などを視聴する機能。

・見るだけインフォ

 顔認識機能により見た相手の情報をインテリジェントグラスに表示させる機能。

・なんでもインターフェース

 身の回りのものをディスプレイやキーボードとして利用する機能

・空間インターフェース

 インテリジェントグラスに架空のアイコンやキャラクターを表示させる機能

機能を見ると、実際に使ってみたいと思わせる機能がいくつもありますね。ドコモのR&D(研究開発)部門は技術力が高く、例えば同社の音声アシスタントしゃべってコンシェルはアップルのSiriよりも使いやすいという声も多くありました(しゃべってコンシェルが日本語での利用に特化しているという強みもありますが)。

将来的にはドコモ版のGoogle Glassが登場する…かもしれません。期待して待ちましょう!

[ドコモ1,2

(塚本直樹)