iPhone 5c、数日使ってみっちりレビュー

20130926ihpone5creview.jpg

sじゃなくてcね。

発売されてすぐのファーストインプレッション即行レビューをふまえて、数日使ってみたみっちりレビューが届きました。アップル大好きなくせにいつも辛口の米Gizmodoのレビューはさて…。

iPhone 5cレビュー、言ってしまえば1年前にこの端末はもうレビューしたようなもの。だってiPhone 5cは、iPhone 5の服を着せ変えたものだから。だからと言って、5cが悪いと言うわけではない。むしろ、1週間iPhone 5cを使ってみて言えるのは「いい端末だ!」ということ。例えば、昨晩のミートローフを今日また食べても、それもまた美味しいという、そんな感じ。フレッシュじゃないってのはあるけれど。

iPhone 5cって何?

アップルが発売した、新しい廉価版iPhone。背面がプラスティックで、5色のカラーバリエーションがある。

どういう人が使うの?

節約したい人や10代の若者等、スマートフォン(モバイル端末)を初めて持つ人に向いている。カラフルなものが好きな人。今使ってる端末を落っことしてスクリーンが割れて、修理するくらいなら同じくらいの値段の新しい端末の方がいい、なんて人も。

デザイン

4インチのRetinaディスプレイとカラフルなポリカーボネートプラスチック背面ケース。中身はほぼiPhone 5と同じ。アップデートされているのは、ちょっとばかし大きくなったバッテリーとFacetTime用の前面カメラ。

20130926ihpone5creview01.jpg

5cの何よりの特徴は、やはりプラスティックカバー。実際のところ、そのポップさとは裏腹にプラスティック故に少々煩わしい。実際の電話のエッジとプラスティックカバーの溝があまりスムーズではなく気になる。iPhone 5と同じ中身だからこそ、それに2000円くらいのプラスティックケースをつけただけのような気がしてしまう、というのは否めない。

プラスティック故に少し滑りやすいというのもある。ツルっといけばスクリーンが割れてしまうので、注意したい。また、5Sよりもちょっと重く感じるというのもある。とは言っても、その重さも許容範囲内ではあるが。

iPhone 5cの低価格は、Android等の競合他社と戦うための様々な努力の表れだと言える。が、スクリーンサイズではAndroidとはちょっと違う道をいっている。Android端末のスクリーンサイズがより大きくなっているのに対し、5cは手に収まりやすい4インチを維持。(例えばMoto Xは4.7インチ、Droid Maxxは5インチ)スクリーンが大きくなれば重さも増す。それもあって、収まりの良い4インチというスクリーンにとどまり手頃な端末サイズを維持したのはプラスだと言える。

使用感

iPhone 5cがうちにやってきてから、日に日にその存在感を大きくしている。いつも使っていたのはiPhone 5、そこにやってきたのがそのクローンとも言える5c。しかし、新背面ケースとiOS 7のおかげで使用感はかなりフレッシュなものだ。

20130926ihpone5creview02.jpg

昨年のiPhone(=iPhone 5)とこの新iPhone(=iPhone 5c)の違いはと言えば、実はハードの面はあまり重要ではない。(つまり、最近iPhone 5をiOS 7にアップデートした人から言えば、もう違いなんてほぼないということ)なんてったってiOS 7だ。iOS 7が使用感を楽しいものにしてくれている。洗練されて、フレッシュで、コントロールセンターのような新機能も搭載されている。フォルダーを開けたりアプリを起動する時は、新UIによってまるで宇宙を飛び抜けているような気分すら味わえる。着信音も新たに面白い。

前面カメラのちょっとした改善にも注目したい。改善の結果、FaceTimeでの通話画面の色がより明るくなった、写真も見てわかるほどにシャープでクリアになった。

バッテリーは大きくなってもちろん良くなった。が、残念ながら実感できるほどではない。iPhone 5のバッテリーは1440mAh、一方で5cは1510mAh。改善されたとはいえ、これではまだ1日を悠々のりきれるまではない。アップデートされた点ではあるが、アピールするほどではない。だって使ってて気づかない程度だから。

予想通りA6チップ搭載の5cは速い、がこれもiPhone 5と同様に速いというもの。iPhone 5と同じく通話もクリアだ。これまたiPhone 5と同じくスクリーンも美しい。つまり、予想通りで特にびっくりすることもない。それもそのはずで、iPhone 5と同じだから。

ベストポイント

色。カラフルさ。たった5色とはいえ、他と違うモデルが選べるのは楽しい。

残念ながら…

値段。100ドルという価格は、今までの新iPhoneと比べたら半分ほどである。が、しかし昨年モデルを今年買うと考えると、そこまで安いとは言えないだろう。

ここがなぁ…

iPhone 5cを使っていると、なんというかちょっとばかし周りから置いて行かれている感じがする。遅れをとっている恐怖感があるというか。確かにこれは新iPhoneだ、しかし、A7チップや新カメラ機能や指紋認証がある方の新iPhoneではない。持っているガジェットでステータスが決まるなんてそんなことはない。が、もしそこにこだわる人ならば、5cを使うということは最先端ではないということを感じずにはいられない。

買うべき?

iPhone 5cは人気がでる端末だろう。いや、発売週末で5sと合わせて900万台出荷というから、すでに人気端末と言える地位は築いている。それにも関わらず、この端末いいよ買いなよ、5sより5cだよと言い切るだけの理由はなかなかないというのが本音。

4Sからちょうど買換えの時期がきている? ならば5sがいいだろう。今iPhone 5を使っていて買換えたい、今まで通りの値段を払ってOK? ならば5sがいいだろう。どうせ100ドルを5cに使うなら、もう100ドル上乗せして5sにした方がいい。2年契約を考えれば、毎月払う額は大きく違わないのだ。

では5cは誰が買うのか? 例えばiPhoneを使うのが初めての人。初めてだから市場最速とか気にしないし、安い方がいい、そういう人に向いている。又は、親が子どもに買い与える場合ならば5cで十分だろう。

iPhone 5cは良い端末だ。使っていて楽しい。が、昨年からすでに知っている端末だというのは否めない。アウトレットでオフシーズンのブランド物を買う様なものかもしれない。それがグッチやシャネルのハイブランドだとしても、それは去年シーズン物だということだ。

スペック

・ネットワーク:AT&T、T-Mobile、Sprint、Verizon(日本では、ソフトバンク、docomo、au)

・OS:iOS 7

・CPU:Apple A6チップ

・スクリーン:4インチRetinaディスプレイ、1136 640(326ppi)

・容量:16GB/32GB

・カメラ:8メガピクセル、1.2メガピクセル(前面カメラ)

・バッテリー:1510mAh

・サイズ:124.4 x 59.2 x 8.97 mm

・重さ:132グラム

・価格:日本での価格はこちらを参照に

■メモ

・iPhone 5cとiPhone 5の使用感には、取り立てて言うほどの違いはない

・1日2度ほどの充電は必須

・スピーカーが良い、大きな音までだせる

・カラフル背面ケースは人の目を惹く。それ新しいやつ?と人々の関心をひく。が、その度に2つある新しいやつの安い方のやつというのがつらい。

そうこ(LESLIE HORN 米版