iPhone 5s/5cが発売3日で900万台の新記録、一方品薄のゴールドは100万円で落札される

iPhone 5s/5cが発売3日で900万台の新記録、一方品薄のゴールドは100万円で落札される 1

猫も杓子もiPhone、iPhone。

アップルはiPhone 5sとiPhone 5cが発売から3日間で900万台以上を売り上げたと発表しました。前モデルのiPhone 5は発売から3日で500万台以上を売り上げたので、今回iPhone 5sは新記録を打ち立てたことになります。

しかし、iPhone 5sは品薄となっており、とくに新色のゴールドカラー世界的な品薄状態に陥っています。その原因にはゴールドカラーの供給不足があるようで、韓国のETnewsによると、生産量におけるゴールドカラーの割合はたったの5%(!)しかないそうです。これだけ生産量が少なければ、品薄になるのは当然かも。

iPhone 5s/5cが発売3日で900万台の新記録、一方品薄のゴールドは100万円で落札される 2

iPhone 5sのゴールドカラーへの需要は加熱しており、なんとオークションサイトのebayではiPhone 5s ゴールドカラー 16GBモデル10100ドル(約100万円)で落札されてしまいました! 出品、じゃないですよ! 実際に落札されたんです!

通常ですと、新型iPhoneの品薄状態は発売から2ヶ月や3ヶ月程度で解消されるのですが、ゴールドカラーの品薄状態がいつ解消されるのかはまったく検討がつきません。しかし、アップルはiPhone 5sのゴールドカラーを増産するとも報じられているので、アップルの増産計画に期待するしかないのが現状です。

アップルPhone ArenaETnews via リンゲルブルーメンebay

(塚本直樹)

iPhone 5s/5cが発売3日で900万台の新記録、一方品薄のゴールドは100万円で落札される 3
iPhone 5s / 5cの新機能はここでチェック! 新iPhoneレビュー記事まとめ