スワイプでアンロック時代に終焉。iPhone 5sの指紋認証センサーは何が凄いの?

20130911finger.jpg

「スライドしてアンロック」する時代よ、さようなら。

今日のプレスイベントでアップルはモバイル・セキュリティに革命を起こすバイオメトリック・ロック・システムを搭載したiPhone 5sを発表しました。そもそも指紋認証センサーはどうやって動作するのでしょうか? そしてこの機能がユーザーである私達に与える影響とは一体何でしょうか?

システムのいろは

指紋認証システムには二つの形式があります。一つは電気光学式。もう一つは静電容量式。光学スキャナーは、既存のスキャナーのように、指紋の浮き沈みに明るい光をあててCCDセンサーが反射した白と黒の画像を読み込ませるシステム。その後コンピューターのアルゴリズムが明暗の境界線を比較して、すでにスキャンした個人のファイルと照合します。もし十分な数の境界線がマッチしたなら、身元が確認されてアクセスが許可されます。ですが、このシステムはアップルが採用したものではありません。

iPhone 5sはより精密な静電容量方式を採用しています。この方法では、指紋隆線よりも小さい静電容量セルを並べて使い指紋を読み取ります。このシステムでは絶縁層で分離した2個の導体板を使います。

静電容量式スキャナーの上に指を置くと、接点と金属の間で電荷が発生します。システムはセルごとの電荷を計測し、表面の凹凸を認識します。このデータを組み合わせてスキャナーは全体のイメージを生成します。静電容量形式スキャナーは光学式スキャナーよりもデータを忠実に反映することができます。またもう一つのメリットとしては、静電容量スキャナーはパターンによる認識ではなく、なりすましを防止しやすくなる個人の指紋だけを読み取ります。

ユーザーへの影響

アップルのイベントでは、下方向にスワイプするだけで生命認証データを入力してデバイスのロックを解除していました。勿論このデモは完全に統制された環境下で行われましたので、果たして汚れた指先や小さな子供がiPhoneで遊んだ場合はどうなるかなど、全くわかりませんでした。しかし、指紋認証センサーがSiriよりも上手く動作するならば、この技術はモバイル・テクノロジーの分野では最も突き抜けた存在になると考えられます。

考えても見て下さい。もう今後はパスコードやスワイプするたびにディスプレイの汚れを気にする必要が無くなります。動画視聴環境の質が上がるだけでなく、iPhoneが盗まれた時にディスプレイの汚れの跡からパスコードを見やぶられることもありません。誰かになりすますにも、登録ユーザー本人の指紋サンプルが必要になります。              

アップルによれば、指紋データはアップルのサーバーではなくハードウェアに直接保存されるので、NSAやID泥棒の被害を心配する必要もありません。どの位安全なのか、それは現時点ではまだ分かりません。ですが、指紋スキャナーによるセキュリティの強化は、大きなアップグレードと言えるでしょう。

Bioelectronix - How Stuff Works - Patently Apple - Wiki - Onin

ANDREW TARANTOLA(米版/鴻上洋平)

130911_matomebanner.jpg
ドコモからも来るよ! iPhone 5s、iPhone 5c発表イベント記事まとめ