全身80箇所が可動! 究極の超精密可動素体「S.F.B.T-3」が凄すぎる

S.F.B.T.1

極限の可動素体を目撃しました! 

全身80ヶ所が可動すると、フィギュアはここまで人体に近付くんですね......。もはや芸術品とすら思える超精密な可動素体『S.F.B.T−3(サフビット3)』は、ガレージキット・ディーラー『Mフィールド』代表の前田強さんが制作したもの。

構想から完成までに約10年を費やした『S.F.B.T−1』の改良型である『S.F.B.T−3』は、胸部と背中のパーツを変更し、肩や腕回りの可動域がさらに拡大したことに加え、素材をカラーレジンからABS樹脂に変更したことで強度が増しているとのことです。

『S.F.B.T-3(Special Fullaction Body Type-3)』の可動部分は全身80ヶ所。手の指が全て可動することを始め、腹筋の動きの再現や肩甲骨の可動、何重にも可動する股関節や肩の構造、さらには瞼や瞳まで動かすことができるという徹底ぶり。

各関節の精密さはもちろん、ひじを曲げることで力こぶが盛り上がるなど、単なるフィギュア用の素体というよりは人体そのもののギミックを極限まで再現しているといっていいかもしれません。

全身80箇所が可動! 究極の超精密可動素体「S.F.B.T-3」が凄すぎる[Kotaku Japan]

(ギズモード編集部)