日産がスマートウォッチ「Nismo Watch」発表、クルマもヒトも一緒にモニター。

日産がスマートウォッチ「Nismo Watch」発表、クルマもヒトも一緒にモニター。 1

愛車との一体感が味わえそう。

ヨーロッパの日産が独自のスマートウォッチ「Nismo Watch」を発表しました。最近のスマートウォッチといえばスマートフォンとかタブレットと連携するのが定石ですが、Nismo Watchはクルマとスマートフォンに接続して動きます。

Nismo Watchは、日産のNismoシリーズのクルマと連携するべく作られています。Bluetooth LEでクルマのコンピュータに接続することで、速度や燃費、交通状況などのデータを表示してくれます。さらに心拍数計も搭載していて、クルマと人間、両方の健康状態をお知らせしてくれるってわけです。運転中に心拍数が上がりすぎると警告してくれる機能もあります。

Nismo Watchのデータは、スマートフォンに転送したり、TwitterとかFacebookで共有したりもできます。ただこれはちょっと微妙なんですが、その種のSNSにおけるユーザーの「ソーシャル・パフォーマンス」を評価してくれたりもするそうです。

なんと言いますか、日産車とガジェットのためにお金を惜しまない方のための、ぜいたくなおもちゃという感じですね。

engadget

Gary Cutlack - Gizmodo UK(原文/miho)