お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 1

そろそろ季節の変わり目。

お部屋の模様替なんていかがです? しかも、お財布に優しいかんじで。今日は、ちょっとの工夫で、安く、あなたらしさのある素敵なお部屋にできるアイディアを10個ほどご紹介したいと思います。

1.ペイントする

もし、大家さんやご家族が壁を塗ることをOKしてくれるなら、黒板塗料をオススメします。 これは、塗る時にはペンキみたいな液体なんですが、ビールを飲んだり休憩している間に乾くと…表面が黒板風になるんです! あとは好きな色のチョークで絵をかいたりメッセージを書いたりしてみましょう。絵心がそんなになくても、なんとな~くカッコイイ風にしあがりますよ。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 2

  

2.壁にペイントがNGだったら?

いろいろ代替案はあります。好きな布を、コーンスターチと水を混ぜて作った糊でペタっと貼るだけで、お部屋の雰囲気が変わりますよ。ちなみに、違う布にかえたいなと思って剥がしても壁を傷めちゃうことは無いそうです。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 3

興味のある人は、コチラをチェックしてみてね。

3.個性的な壁を作ってみる

壁に変化を加えることで、お部屋の雰囲気はすごく変わりますよね? もしあなたが何かのコレクターなら、壁をそのグッズでデコレーションしてみては? 同じ種類のものが、集合すると整理され、ちょっとアーティスティックな雰囲気をつくってくれるんです。

でも、、大切な大切なコレクションにノリをつけるなんてもってのほか! とか、コレクションしているモノなんて無いよ。という場合、音楽を趣味にしている人ならお気に入りの曲の古い楽譜、雑誌に掲載されてたお気に入りの広告、地図旅行が好きなら古地図など、好きな物を、ちょっと雰囲気のある額に入れてみてください。不思議とカッコよくなりますから。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 4

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 5

4.自然からの贈り物を活用してみる

もう少し秋が深まってから、近くの公園に行って松ぼっくりをいくつか拾ってきて、ボウルの中に入れてみたり、松ぼっくりのついた枝が落ちてたら、それを持ちえって花瓶にさしてみると、ちょっとマーサスチュアート風になりますよ。また、形のいい石や岩に出会ったら、そのままでもいいし、好きな色にペイントして、ドアストッパー、本立て、文鎮として使うことができますよ。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 6

また、自然といえば観葉植物! 1つあるだけでお部屋が生き生きとするし、空気もよくなりますよ。 大きな観葉植物だとお値段もはってしまったりするので、小さ目の安価な観葉小物を5つほど買って、1か所にアレンジして置いたり、お部屋のポイントポイントに分散させたりしてみてるのもオススメです。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 7

5.額をリメイクする

家に使ってないフォトフレームがあったら、お気に入りの布の端切れを貼って、トレーに変身させてみるのもいいですよ。机にそのまま置いてもいいけれど、ソファーに座ってるときに、おやつやビールをトトレーの上に置くだけで、ちょっと生活が素敵に! 模様替えってほど大きな事をしてないけど、まずは、こんな事からはじめてみるのもアリですね。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 8

6.木箱をアレンジしてみる

ワインのクレート(木箱)は、本当に使い道がいっぱいなので、酒屋さんに分けてもらいましょう。こんなふうに飾り棚にもできるし、キャビネットの一番上に並べて、あまり使わないアイテムを収納するのに便利です。木箱を立てて置いてるだけなのに、なぜかオシャレな感じになるのでお試ししてみる価値ありですよ。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 9

7.小物の配置をアレンジしてみる

もう、家の中のモノを増やしたくないんです。と思ってる人もいますよね? それなら、今お部屋の中にあるものの配置を変えるだけでも、十分雰囲気が変わりますよ。ポイントは、今までの発想とは違う、思いがけないモノを思いがけない場所に置いてみる。たとえば、リビングやベッドルームで使ってたランプを台所に置いてみるとか。 また、家のアイテムを色でグルーピングして、お部屋ごとに色分けしてコーディネートしてみると統一感がでて、グっとお部屋の雰囲気が洗練されます。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 10

8.家具をちょこっとリフォーム

家具の取っ手やハンドルをアレンジするのもアリですよ。取っ手の雰囲気が変わると、家具の印象もガラっと変わります。ここで、取っ手自体を変えてしまう方法もあれば、お気に入りの布でカバーする方法も。もし、賃貸マンションの備え付けの棚でも、部品を取っておけば、退居する時に元のパーツに戻せばOKですよね。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 11

9.ミスマッチな家具をたくさん持ってたら?

ちょっと勇気がいるかもしれませんが、ペイントしちゃいましょう。明るい色を選ぶとお部屋の印象が生き生きとしますよ。また、ほとんどの家具が黒なのに、1つだけウッディーな棚がある…なんていう時には統一感をだすために黒に塗ってしまうのもアリですよ。こんな風にね。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 12

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 13

10.断捨離する

もともとシンプル思考で、あんまりモノを置いてないという人は別ですけれど、使わないものを捨てるor寄付するor売るなどしてお部屋をシンプルにする。 すると必然的に、使いやすいもの、お気に入りのものだけがお部屋に残り、快適なお部屋づくりができるというわけです。

断捨離した後は、通年使えるもの、春っぽいもの、夏っぽいもの、秋っぽいもの冬っぽいものを分けて、季節ごとにちょこっとアイテムを入れ替えるなんていうのもイイかもですね。

お財布にやさしいけど、部屋が程よく素敵になる方法 14

個人的には黒板塗料にチャレンジしてみようかなぁ~と思ってますけど、模様替えのよいヒントありましたか? 

[Additional Images: houseplant: Elena Elisseeva, hardware: Steve Cukrov, clutter: Thomas Bethge

Faith Towers(原文/junjun )