秋の不安感をかきたてる、荒廃したショッピングセンターのHDR画像(ギャラリーあり)

秋の不安感をかきたてる、荒廃したショッピングセンターのHDR画像(ギャラリーあり) 1

なんとも、不安感をかき立てられますね…

これらの写真は、デジタルアーティストのDan Wamplerさんが、55年間営業を続けたショッピングセンターが廃れて閉鎖されていく様子を撮影したものです。

Wamplerさんの作品の中でも、このショッピングセンターは原文記者が子供の頃よく行った場所だったようです。母と買い物をしたり、服をねだったり、夕食を食べたり、UFOキャッチャーで動物のぬいぐるみを取ったりしました。大きな映画館もありました。1960年の大統領選挙の時には、ケネディー大統領がここの駐車場で演説をするほど大きなショッピングセンターだったようです。

しかし時代の流れか、2006年頃から徐々にテナントが撤退していき、ついに先月完全に閉鎖されたのです。

WamplerさんのHDR技術(iPhoenのカメラにもあるあれです)によって、この空虚なショピングセンターの写真がよりいっそう不吉な雰囲気を醸し出しています… いまにもゾンビが飛び出してきそうな雰囲気ですよね...

130902mall-2130902mall-3130902mall-4130902mall-5130902mall-6130902mall-7130902mall-8130902mall-9130902mall-10130902mall-11130902mall-12130902mall-13

このショッピングセンターはまだ完全に取り壊されたわけではなく、一軒のメガネ屋さんが一角に店を構えひっそりと営業を続けているそうです。そして今この地区には、ショッピングセンターやエンターテイメントが織り交ざった複合施設として再開発する計画があるそうです。

この写真に写る幾何学模様や空虚な雰囲気が、あの秋特有の不安感をかきたてます。

[Dan Wampler Photography]

Takashi(ALISSA WALKER/米版