あのターミネーターでパペット遊び②(動画)

こちらの続編。

以前も紹介したStan Winston Schoolsが、さらにターミネーターの舞台裏動画を公開しています。ターミネーター4に登場するT-600。この動画を見るとパペットを使ってどのように撮影されていたのかがよくわかります。

パペット自体の出来は映画に大きな影響を与えますが、もっと重要なのはその動き。Legacy Effectsの共同創設者でありStan Winston Schoolsにて長年講師を務めるJohn Rosengrant氏は、どのように動きをつけて担当がどう演じるか(動かすか)が何よりも最終的な完成度に影響を与えると語っています。彼曰く、どんな大切なシーンでもパペットが画面に映るのは数フレームだと言います。その理由は、長カットだとパペットのリアリティが失われてしまうからだそう。

パペット、奥が深いです。日本の人形浄瑠璃もこれまた面白いそうで、是非見てみたいのですよね。

そうこ(LILY HAY NEWMAN /米版