世界初のロボット宇宙飛行士「キロボ」宇宙でのロボットの発話に成功(動画あり)

みんなの「きぼう」がつまったロボット、宇宙へ。

東京大学の先端科学技術研究センターらが中心となって開発されたコミュニケーションのできるロボット宇宙飛行士「キロボ」が、8月21日に国際宇宙ステーションで世界初となる宇宙でのロボットの発話に成功しました。キロボは第一声で「2013年8月21日、未来の希望へ、ロボットの第一歩です」と話し、続けて「おはよう、地球の人間のみなさん。僕、ロボット宇宙飛行士のキロボ。世界で初めてのおしゃべりするロボット宇宙飛行士なんだ」と語りました。

将来訪れる単身化社会に向けて、コミュニケーション相手となれるロボットを作る-そんなビジョンを掲げてはじめられたきぼうロボットプロジェクト。その宇宙用ロボットとしてキロボは開発されました。8月4日に宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機に載って打ち上げられ、無事10日に国際宇宙ステーションへ到着。この後1年半ほど滞在し、若田光一JAXA宇宙飛行士の到着後は世界で初となる宇宙での人とロボットとの会話実験を実施する予定です。

キロボおよびきぼうロボットプロジェクトについての詳細は公式ホームページをご覧ください。

きぼうロボットプロジェクト via インターネットコム

(KITAHAMA Shinya)