知的障がいのある方の社会生活をサポートする「アシストスマホ」をソフトバンクが開発へ

知的障がいのある方の社会生活をサポートする「アシストスマホ」をソフトバンクが開発へ 1

スマートフォンがバリアフリーな社会を築く。

ソフトバンクが知的障がいのある方の社会生活をサポートする「アシストスマホ」の開発を発表しました。「シンプルスマホ 204SH」に専用アプリを導入して利用するサービスで、利用料は無料。サービズは2014年3月以降に提供を開始予定です。

「アシストスマホ」では保護者や支援者の方が利用者の端末にリンクし、端末の設定や後方支援を行うことができます。主な機能として、定型文やアイコンをタッチするだけで簡単にメールが作れるアシストメール機能、AR技術によって目的地の方向と距離を実風景の中に表示するアシストナビ機能、目的地周辺に到着したかどうかを知らせるみまもるフェンスが搭載される予定です。

新しいテクノロジーによって誰もが住みやすい社会へ。アシストスマホがその第一歩になるといいですね。

ソフトバンク

(KITAHAMA Shinya)