災害停電時には電球を回してごらん…懐中電灯になるから

災害停電時には電球を回してごらん…懐中電灯になるから 1

通常は高所にあるのだけが難点か…

万が一に備え、防災グッズには欠かせない懐中電灯ですが、せっかくその保管場所は覚えていても、肝心の時に電池切れで使えないだなんてことになったら困りますよね。でも、この最新電球「Bulb Flashlight」なら大丈夫!

災害停電時には電球を回してごらん…懐中電灯になるから 2

えっ、電球なの? そうなんです、Bulb Flashlightは普通の電球なのですが、充電池が内蔵されており、いざクルクルと回してソケットから外されると3時間の連続点灯が可能な懐中電灯へと早変わり~持ちやすいようにハンドルスペースまで伸びて、なんだかドラえもんのグッズみたいですよね。

日本円にして5000円弱という、LED電球としても高めな45ドルという価格設定のBulb Flashlightではありますけど、家中の電球をBulb Flashlightに替えておけば、もしもの時に順番に外して使うと最強の防災グッズになりそうです。これなら充電を忘れたりもしないし、なかなかいいアイデアですね。

MoMA Store

Andrew Liszewski(米版/湯木進悟)