ノートに書いた文字や絵、音声を記録する「エコー・スマートペン」を学研が国内独占販売

ノートに書いた文字や絵、音声を記録する「エコー・スマートペン」を学研が国内独占販売 1

アイデアを逃さず、デジタル化して保管。

学研が全世界で150万本以上販売されている米国Livescribe社製「エコー・スマートペン」の国内独占販売を発表しました。「エコー・スマートペン」は世界で唯一、手書きの文字と音声を同時に記録してデジタル化することができるICT機器。USB経由でパソコンに転送し、専用ソフトで音声付きノートとして保存、管理、編集を行うことができます。

保存したノートは付属の日本語OCRソフト「MyScript for Livescribe Desktop」によってテキストデータに変換することが可能。さらに音声付きPDFファイルを作成し、電子メールやフェイスブックで簡単に共有することもできます。

エコー・スマートペンは11月上旬より発売開始。価格は2万4000円(2GBモデル)からです。

プレスリリース(学研)Livescribe

(KITAHAMA Shinya)