見た目も機能も美しい。正真正銘の「ハーフ&ハーフ」なグラス

見た目も機能も美しい。正真正銘の「ハーフ&ハーフ」なグラス 1

バーテンさんがハーフ&ハーフを間違えて作っちゃった! ケンタッキー州ルイビルを拠点に活動するガラス吹き職人マシュー・カミングズ(Matthew Cummings)さんは、そんな経験に発想を得て、このハーフ&ハーフ専用グラスを編み出したそうです。

ハンドメイドのDual Beer Glassはグラス内部が2層に分かれているので、実際に飲むまでそれぞれのエールが別々に注がれた状態になっています。これなら、分量も確実に「ハーフ&ハーフ」だと分かりますね。

ただし、お値段はそれほど安くはありません。容量約300mlのグラスが35ドル(約3500円)なので、グラスを落とさないようにちょっぴり緊張するお値段ですね。それでも単品での販売はすでに品切れ。現在は4個セットが125ドル(約1万2500円)と少しだけお買い得な値段で販売中です。

ビールだけでなく2色カクテルを作っても楽しそうなグラス、日々の晩酌やホームパーティーにも相性よさそうです。

見た目も機能も美しい。正真正銘の「ハーフ&ハーフ」なグラス 2

Etsy via Foodbeast

Rumi(ANDREW LISZEWSKI 米版