アップルマップを信じて空港滑走路をひた走る車が続出

アップルマップを信じて空港滑走路をひた走る車が続出 1

アップルマップ伝説にまた新たな1ページが生まれました―

iPhoneの順路指示通り走ってたら、アラスカのフェアバンクス国際空港ターミナル反対側の通用門から中に案内され、そこからターミナル目指してメインの滑走路をヨタヨタ走る民間車が続出、空港がアップルに修正を求める騒ぎとなりました。

続出といっても過去3週間に2台ですけどね。

地元のニュースサイト「アラスカ・ディスパッチ」に順路再現図が出ているのですが、確かにラストランは「Turn Right onto Taxiway B(誘導路Bに右折)」とありますね。

道案内はこれで最後です。さすがに「滑走路を直進せよ」とまでは書いてないのですが、誘導路に入って目を上げればそこはターミナルなので、「あーあったあった、あはははー、一発でわかったぞ」という感じで滑走路を一路ひた走ってしまうんでしょうね。想像ですが。

「途中にある標識も何箇所か無視して入ってきたんです。ゲートまで通って。それだけあれば普通気付きそうなものなのに気付かなかったんですね」と空港運営責任者メリッサ・オズボーンさん。

改めて土地勘のないドライバーがいかに電子端末の指示を盲信しているかがよくわかったと語るのは空港マーケティング課長のアンジー・スピアーさんだ。「標識がなんと言おうとiPhoneのマップがこっちに進めと言えばそれまでなんですよ」

う、自分も気をつけよ…。

[Alaska Dispatch]

(satomi)