日本語入力が楽になる、Twitterクライアント「Tweet ATOK」

日本語入力が楽になる、Twitterクライアント「Tweet ATOK」 1

ATOKとは、ジャストシステム社製の「日本語入力アプリ」のことです。

PCの世界でも、日本語の変換精度の高さには定評あるATOKなんですが、残念ながらiPhoneではその恩恵にあずかることが出来ません。

その理由については、最後に追記しておきますので、興味のある方は最後まで読んでみてください。

諸事情がありつつ、しかしジャストシステムは、何とかiPhoneユーザーにもATOKの日本語環境を提供すべく、ATOK Pad というメモ帳を作ってくれたりしています。

本アプリは、さらに踏み込んでツイッター専用バージョンということになりますが、大抵の言葉を一発変換してしまう、そのスマートさに加えて、ツイートするのに最適化されたインターフェイス(操作方法)も、なかなか上手い作りですよ。

 

日本語入力が楽になる、Twitterクライアント「Tweet ATOK」 2

 

iPhoneをお使いの方は、上のような誤変換になったときの修正が面倒だってことで、細かく単語ごとに変換するクセがついている方が多いだろうと思います。

しかしATOKは、日本語ワープロ「一太郎」などを作ってきた実績により、正しい日本語を提示してくれる確率が高いので、文節を一気に打っておいて変換するというのが、一般的な使い方になります。

これが、最もキータップ数を減らせて、速い入力方法なんですね。

しかも、カーソルキーを搭載しているので、誤変換があった時にも、修正したい言葉を範囲指定するのが楽になっています。

いやむしろ、いつまでたってもカーソルキーを搭載しないiOSの日本語変換アプリ開発部門を、小一時間問い詰めたいといいますか...

さらには、テンキーの左下に、アットマークシャープのキーが見えると思います。ツイッターを使うのに欠かせない、これらのキーをここに配置するという正解っぷりが素晴らしいです。

日本語入力が楽になる、Twitterクライアント「Tweet ATOK」 3

 

では、濁点や半濁点はどうやって入力するのかと言うと、上の画像のように、日本語を入力し始めると、キーが標準キーと同じになります。

または、右図のように、ATOKオリジナルの「リボルバー入力」を使うこともできます。

すでにフリックを覚えている方は、「いうえお」の各段が、上下左右のどこにあるか覚えていると思いますが、フリックタイプの入力が初めての人でも、リボルバーなら左から順番に「あいうえお」と並んでいるので、直感的に入力できるという利点があるんですね。

最後に。ATOKが使えない理由としましては、Appleは、iOSに関しては、システムの中心に近い部分には、他社製アプリを認めないという方針を敷いています。

セキュリティを強固にしたり、バグへの対応を簡素化するためにそうしているということですから、それが悪いと言い切れる問題ではないんですが。

そのおかげで、ATOKのように優れた日本語入力アプリも、iPhoneには搭載することができなくなっています。

詳しいアプリ紹介はTABROIDでご覧ください

ツイートがメッチャ快適になる『Tweet ATOK』が素晴らしい[TABROID]

(ギズモード編集部)