コーラの缶と10円玉で、緊急用のバッテリーができる!?(動画)

大きな電力はまかなえませんが、コーラ缶と銅貨でバッテリーが作れるのをご存知でしょうか。

ほんの少し電気が必要で、手元にコーラ缶とコインしかない。誰もがどこでも直面する、本当によくあるケースだと思います。でも大丈夫。この方法を知っていれば安心です。

Instructablesのユーザー、Go Repairsさんが作り方をビデオに撮ってくれました(冒頭の動画)。必要はものは以下の通り。

  • コーラ缶
  • 銅貨一枚(ビデオではペニー銅貨を使用。10円玉でもOK?)
  • 缶切り
  • ワニグチクリップ
  • スチールウール

コーラの中身をグラスへ移し、缶切りで缶の上面を切り取ります。スチールウールで缶の内側のコーティングをそぎ落とし、缶にコーラを戻します。次に、ワニグチクリップのひとつを銅貨に、もうひとつを缶のへりに噛ませます。あとは銅貨を缶の中にポチャンと落とすだけ。これでバッテリーの完成です!

小型のLEDライト程度なら十分使えます。少し工夫すれば、もっと大きな電力も得られます。お試しあれ!

Cola Can Battery | Instructables

Adam Dachis(原文/訳:伊藤貴之@ライフハッカー[日本版]/元記事を読む

■ライフハッカー[日本版]の関連記事